【Mayaあるある】オブジェクトが表示されない

objectHidden01.jpg

・ポリゴンが表示されない
・ジョイントが表示されない
・ライトが表示されない
・カメラが表示されない

などなど。

オブジェクトを選択して「Shift+H」等や、チャンネルエディタなどで確かに表示しているはずなのに表示されないあるある。
オブジェクト自身が表示になっていても、他の理由から表示されない場合がありますので、思いつく限り書いていきます。
今回はレンダリングには関係なく、ビューに表示されない場合でいってみます。






1-1.オブジェクト自身が非表示になっていないか
まずは基本。アトリビュートエディタの可視性、チャンネルエディタの可視性は同じもので、「Shift+H」はこれらをONにするホットキーです。
まずは表示したいオブジェクトの可視性がONになっているか確認します。
objectHidden02.jpg
ピンク色のワイヤーフレーム状態で困っている場合はこのアトリビュートエディタにあるテンプレートがOFFになっているかチェック。(1-2、1-3のように親とシェイプもチェック。)


1-2.親オブジェクトが非表示になっていないか
親オブジェクトが非表示になっていると、その子自体が表示でも表示されません。
アウトライナで親の表示状態を確認。グレーになっていたら非表示状態なので、選択してShift+H。
objectHidden03.jpg



1-3.シェイプノードが非表示になっていないか
アウトライナのディスプレイ>シェイプのチェックを入れてシェイプを表示。
同じようにシェイプがグレーになっていたら選択してShift+H。
objectHidden04.jpg
デフォルトのカメラは、ここがOFFになってますね。(前からそうでしたっけ?)
アトリビュートエディタで確認するときは、シェイプの場合「オブジェクト ディスプレイ」という項目に「可視性」があります。(「テンプレート」も)


2-1.オブジェクトの属するディスプレイレイヤーが非表示になってないか
チャンネルボックスのディスプレイレイヤーでオブジェクトが属しているレイヤーのチェックをONに。
(レイヤーが一覧されなければレイヤーがないということなので気にしない。)
objectHidden06.jpg
オブジェクトがどのレイヤーに属してるかよくわからない場合、全部付けちゃってください。
ピンク色のワイヤーフレームを直したい場合、右側のチェックボックスにTが入っていないかを確認。


2-2.オブジェクトの親が属するディスプレイレイヤーが非表示になってないか
同じことですね。ディスプレイレイヤーを全部ONにしてしまえば間違いないですが、オブジェクト自身でなく親オブジェクトのレイヤーが非表示でも表示されないので確認。



3.オブジェクトが属していないレンダーレイヤーが選択されていないか
チャンネルボックスのレンダータブにきりかえ、オブジェクトが属しているレンダーレイヤーを選択。


objectHidden07.jpg
masterLayer(通常)になっていれば間違いないです。




4.選択項目の分離表示はONになっていないか
パネルツールバー(ビューのすぐ上小さいアイコン群)の右端のほうにある選択項目の分離がONになっていたらOFFに。
objectHidden05.jpg
パネルすぐ上のメニューバーの表示 > 選択項目の分離 > 選択項目をビューのチェックをOFFでもいけます。


5.パネルの「表示」で表示させたい項目はOFFになっていないか
パネルすぐ上のメニューバーの表示でずらーーーっと出てくる項目。ポリゴンを表示させたかったらポリゴン。のように表示させたい項目がOFFになっていないか確認。

objectHidden08.jpg

ポリゴンの表示だけでなく、ジョイント、カメラ、ライト、ロケータ、カーブ、IKハンドル、イメージプレーン、などなどそれぞれを個別に表示/非表示にできる設定です。
・オブジェクトを選択しているのに緑色のワイヤーフレームでハイライトされない(選択項目のハイライト)
・マニピュレーターが表示されない
・ヘッドアップディスプレイが表示されない

などのトラブルのときもこちらを確認してください。




6 カメラの「ニア/ファー」値の外にオブジェクトが出ていないか(追記)
カメラアトリビュート > ニア クリップ プレーン と ファークリッププレーンの値を変更する。
objectHidden12.jpg

それぞれの数値はカメラからの距離を表していて、ニアとファーの距離内にあるオブジェクトしか表示されません。
objectHidden11.jpg
ニアとファーの範囲を広げれば確実に見えるには見えるのですが、今度は近いオブジェクトに対しての計算を大雑把に行うせいか、ちらついてしまうことがあるので、作業に必要ない明らかに近すぎたり遠すぎる値は避けて範囲は広すぎないほうがいいです。
私は、ファーを100倍したらニアも100倍しておくみたいな感じにしてます。

シーンの単位(cmやm)を変更すると単位に対して極端に値が大きくなったり小さくなったりするので、この現象が起きやすい気がします。



7.オブジェクトからマテリアルが剥がれていないか
イレギュラーとして、たまにモデリング中アサインしていたマテリアルが剥がれて、ワイヤーフレーム表示になってしまうことがあります。もう一度マテリアルをアサインしなおしてみてください。



★ごちゃごちゃしちゃうので書きませんでしたが実は・・・

アトリビュートのLOD表示や、中間オブジェクト表示も影響します。
テンプレート表示(ピンクワイヤーフレーム)になっている場合ここのテンプレートというチェックをOFF。
objectHidden10.jpg



追記
Fを押したとき一瞬見える

カメラの移動値にものすごい値が入ってませんか?
カメラをフリーズするとなおるかもしれません。




えっと~・・・ざっと私の知ってる範囲で気づいたものを書きました。おそらくこれだけじゃないですよね。気づいたあるあるあったら付け足していきます。
アトリビュート設定レベルで書いてたらキリがないですが、「いや!あるあるならなぜこれを書かない!?」っていう常識なことありましたらコメント下さい。


あと、表示されない原因の探り方ですが、まず他のパネルビューで表示されているかどうか見るのがおすすめです。他のビューでも表示されないのであれば、オブジェクトや親に設定されている何かの可能性が高いと絞れますので。あとはレンダリングはされるのに・・・とか。そんな感じで絞っていくといいと思います。




テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

tag : Maya, Mayaあるある, モデリング, ~がない,

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
おすすMEL1
UV格子状整列 AriUVGridding03.gif

UV解像度チェック AriUVScaleChecker01.gif
月別アーカイブ
おすすMEL2
リネーマー AriRenamer01.gif

置換/配置 AriAssetChanger01.gif
タグ

Maya MEL モデリング MEL更新 Mayaあるある UI カスタマイズ データ管理 数値設定 UV ~がない モデリングツールキット リネーム マテリアル バグ? MEL基本 つぶやき ホットキー 新機能 アニメーション リトポロジー テクスチャ アンケート 頂点カラー 更新 カメラ Rig レンダリング ZBrush 記事まとめ スクリプト 

記事一覧

全ての記事を一覧

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン
2位
アクセスランキングを見る>>
ad


ブログ内検索
最新記事
ad


プロフィール

Ari

Author:Ari
ゲーム系を中心にモデラーをやってます。プライベートでその他の作業も挑戦中です。
拍手ボタンありがとうございます。テンションあがります。

少し前ツイッターはじめました。よかったらどうぞフォローお願いします。
ツイッターを覗いてみる

(あ…呼び方はAriでも自習部屋でも何でもいいです)

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: