【Mayaあるある】重なったポリゴンの処理

OverlappingPolygon01.jpg

Mayaをしばらく使っていると一度は体験してしまう、あるあるなことに対しての解決策みたいなものを、思いついたら紹介してみようかと思います。トラブルシューティング的なものでしょうか。
まずは、私の中で代表的なこちらです。



重なったポリゴンの処理

「いつの間にかできてしまってた!」なんてことがたまにある2重ポリゴン?多重フェース?のやっつけ方です。

できてしまう要因としては、押し出しツールをキャンセルしたつもりがその場にできてしまっていたり、その場にオブジェクトをディプリケートしてしまったのを知らぬまま結合、さらに頂点マージをしてしまったときなどですかね?




対処法

ビューのX線表示
OverlappingPolygon01.jpg
まずは状態を確認するためにビューをX線表示にしておきましょう。
重なりが多いほど濃く表示されます。


メニューバーの メッシュ(Mesh) > クリーンアップ(Cleanup)
ジオメトリ除去メニューのラミナフェース(Lamina faces)だけチェック
OverlappingPolygon02.jpg
クリーンアップの効果はお好みで。
・「一致するポリゴンのクリーンアップ」をえらぶと、重なったポリゴンは確定した時点で消され
・「一致するポリゴンの選択」を選ぶと、重なったポリゴンは選択されるだけです。

消されてしまうとどこが消されたのかいまいちわからりにくいので、心配な場合は「選択」のほうを選んで目で確認しましょう。
選択したオブジェクトにだけ適用したければ、「選択したオブジェクトに適用」そのままですね。

「クリーンアップ」ボタンで処理されます。
「一致するポリゴンの選択」を選んだ場合は、思う存分眺めた後このまま「Deleteキー」で消去できます。
OverlappingPolygon05.jpg


※うまくいかないとき
開き直って頂点を一度すべてマージしてから処理をしてみてください。
一つに見えても離れている頂点があると、ラミナフェースになってない可能性があります。
OverlappingPolygon03.jpg
全ての頂点を選択して「メッシュの編集」>「コンポーネントのマージ」です。
(図のように「Shift+右押しっぱ」>「上」>「右上」でもマージできます。)



ちなみにですが、このポリゴン数などを数えて選択するMELを使用しても簡単に選択できます。
また、思わぬタイミングで早期発見できたりするかもしれません。
OverlappingPolygon04.jpg


テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

tag : Maya, Mayaあるある, モデリング, データ管理,

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
おすすMEL1
UV格子状整列 AriUVGridding03.gif

UV解像度チェック AriUVScaleChecker01.gif
月別アーカイブ
おすすMEL2
リネーマー AriRenamer01.gif

置換/配置 AriAssetChanger01.gif
タグ

Maya MEL モデリング MEL更新 Mayaあるある UI カスタマイズ データ管理 数値設定 UV ~がない モデリングツールキット リネーム マテリアル バグ? MEL基本 つぶやき ホットキー 新機能 アニメーション リトポロジー テクスチャ アンケート 頂点カラー 更新 カメラ Rig レンダリング ZBrush 記事まとめ スクリプト 

記事一覧

全ての記事を一覧

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン
2位
アクセスランキングを見る>>
ad


ブログ内検索
最新記事
ad


プロフィール

Ari

Author:Ari
ゲーム系を中心にモデラーをやってます。プライベートでその他の作業も挑戦中です。
拍手ボタンありがとうございます。テンションあがります。

少し前ツイッターはじめました。よかったらどうぞフォローお願いします。
ツイッターを覗いてみる

(あ…呼び方はAriでも自習部屋でも何でもいいです)

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: