【Mayaあるある】ビューがちらつく

chiratsuki01.gif

なんか…
チラチラ…メリメリ…ジラジラ…バリバリ…することありませんか?
一度カメラ設定を見直してみるといいかもしれません。




カメラのアトリビュートを開き、ニアクリッププレーン(Near Clip Plane)とファークリッププレーン(Far Clip Plane)に注目します。

chiratsuki01.jpg


ご存知かと思いますが、ここではニアとファーでオブジェクトが映る範囲を設定します。

chiratsuki04.jpg


ファークリッププレーンの値はデフォルトままだと10000cmです。つまり100m以上離れたオブジェクトは見えなくなってしまいます。
chiratsuki05.jpg
カメラから100m以上は消える。


ですので、スケールが大きなシーンを扱う場合、ここのファークリッププレーンの値を大きくすると思います。
実際このシーンでは、100000cm(1km)に設定して、1km離れても大丈夫なようにしています。

chiratsuki02.jpg


ただし、このままだと、0.1cm~100000cmつまり、1mm~1kmの距離のものをリアルタイムで描画させることになり、近いものに対して誤差が生じてちらついてると予想できますので、ニアクリッププレーンの値を上げます。
10cmくらいにしてみました。
chiratsuki03.jpg

すると、ちらつきが抑えられます。
chiratsuki02.gif
この値を狭くすればするほどちらつきを抑えられます。


もちろんニアクリッププレーン値より近いオブジェクトが表示されなくなりますが、これだけ大きなスケールのシーンを扱っていて、カメラの目の前10cm以内にオブジェクトが入ることってありますか?しかも作業カメラで。
作業中そんな近くまでカメラが寄ることはほとんどないと思うので、場合によっては100cmでもいい気がします。
レンダリング時に、近くから遠くまでカメラに入るのであれば、レンダリング専用のカメラのみ広い範囲の設定にしておけばいいと思います。
レンダリングにはちらつきは影響しないので。




根拠のない勝手なしくみの予想

技術的なことは根拠がないのですが、描画範囲のスケールに対して、距離が近いものは、リアルタイムの描画を優先するために、誤差として扱っているのかと思います。「これだけ広い範囲扱うんだから、ある程度近いものは、いい加減に扱わせてくれよぉ!」的な。
だから、ちょっとだけ近いものより、ちょっとだけ遠いものが誤差で描画されてしまったときに、ちらつきになるのだと思います。

こんな予想をしてたこともあり、ファーを10倍したら、ニアも10倍するのがいいはず、と私の中ではなんとなく思って生きてきました。
これは勝手な予想なのでご参考までに。




テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

tag : Maya, Mayaあるある,

スポンサーリンク

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
おすすMEL1
UV格子状整列 AriUVGridding03.gif

UV解像度チェック AriUVScaleChecker01.gif
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン
1位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
スポンサーリンク
おすすMEL2
リネーマー AriRenamer01.gif

置換/配置 AriAssetChanger01.gif
記事一覧

全ての記事を一覧

ブログ内検索
プロフィール

Ari

Author:Ari
ExpertElite000.jpg
Autodesk Expert Elite
本業はゲーム系中心の3Dモデラーです(フリーランス)。
プライベートではその他の作業も興味持ったものは何でも挑戦中。
拍手ボタンありがとうございます。テンションあがります。

ツイッターでお知らせなどやってます。よかったらどうぞフォローお願いします。
ツイッターを覗いてみる

MEL
スポンサーリンク
QRコード
QR
タグ

Maya MEL モデリング MEL更新 Mayaあるある UI データ管理 カスタマイズ UV 数値設定 MayaTips ~がない アニメーション リネーム AriCompactToolSettings モデリングツールキット つぶやき マテリアル Maya超基本 AriReFreezeRotate 記事まとめ AriSetPivot 頂点カラー 新機能 MEL基本 ホットキー Maya基本 AriUVFit 法線 AriRenamer バグ? AriVertexColorEditor ~ない AriSceneOpener AriMirror AriUVGridding AriCircleVertex AriViewWindow AriTransferPosition テクスチャ リトポロジー AriUVScaleChecker AriAdsorptionVertex AriAniKeyCycle AriSelectMaterialAndObject Normal AriPolygonCounter AriSortOutliner ジョイント AriQuadrangulateRing Rig アンケート スケルトン カメラ レビュー AriStraightVertex AriAniKeyScale 標準機能 カーブ AriUVRatio AriCombineExtract AriIconViewer AriSelectEdgeRing AriSymmetryChecker AriSplitPolygon UVGridding AriUVAdsorptionMove AriSamePositionSelector AriWindowPositionReset モデリングAriCircleVertex 更新 レンダリング ZBrush AriAnimationCopy AriUVSetList MEL更新頂点カラー AriDeleteEdgePreserveBorder AriMaterialList AriUVAdsorption AriComponentsController 3Dスキャナ AriNormalRadial バグ修正 AriNormalDefaultBlend AriVertexColorSplitRGBA スクリプト AriVertexColorChangeRGBA AriNormalSmooth AriAssetChanger AriWireColor AriReFreezeScale AriUVNotchSew AriSelectLoopRing リトポロジ AriQuickSelecter GameExporter AriRenameShapeDefault 

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: