【Mayaあるある】「T」キーって何に使うの?

TKey04.jpg

「T」キーは、マニピュレータの表示ツール(Show Manipulator Tool)ですが、
他のツールと違い普通に実行しても何も起きないし、何のためのものなのかいまいちわからなかったりしませんか?
どういうときに使用するか、知っている範囲で書いておきます。





まずは押し出しなどの話

押し出しなどの機能をマニピュレーターで操作し、決定した後でもヒストリーで再設定できるのはご存知ですよね?
TKey01.jpg
例えば押し出しを実行

TKey02.jpg
マニピュレーターで調整

TKey03.jpg
決定した後でも

TKey01.gif
ヒストリーから再設定できる。


このタイミングで「T」キー

このヒストリーを選択した状態で「T」キーを押すと、マニピュレーターを再表示することができます。
TKey02.gif


入力になっている状態で押さないように注意です。
TKey05.jpg
ここの値がtttttってなっちゃいますから。

「T」を押した後にヒストリーを選択の順番でも同じです。


こんな感じで、実行した直後にマニピュレーターが表示される機能のマニピュレーターを再表示させることができます。
また、設定によっては「押し出し」実行後にマニピュレーターが表示されないことがあるみたいなので、そんなときは「T」を押して見てください。




あとは、トランスフォームのアトリビュートにあらかじめ設定しておくと、マニピュレータの表示ツール(Show Manipulator Tool)で選択した時に、マニピュレーターの種類を設定したものにすることができるようです。


アトリビュートエディタ の 「ディスプレイ」 > 「既存表示マニピュレータ」
TKey06.jpg
たとえばここを「回転」にしておきます。

すると、「T」キーをおして、選択するだけで勝手に回転のマニピュレーターになります。
TKey07.jpg

リグとか、移動させるものか回転させるものか、ここで設定しておくと便利になったりするのかもしれません。




テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

tag : Maya, モデリング, Mayaあるある,

スポンサーリンク

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
おすすMEL1
UV格子状整列 AriUVGridding03.gif

UV解像度チェック AriUVScaleChecker01.gif
月別アーカイブ
スポンサーリンク
おすすMEL2
リネーマー AriRenamer01.gif

置換/配置 AriAssetChanger01.gif
記事一覧

全ての記事を一覧

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン
1位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
プロフィール

Ari

Author:Ari
ExpertElite000.jpg

ゲーム系を中心にモデラーをやってます。プライベートでその他の作業も挑戦中です。
拍手ボタンありがとうございます。テンションあがります。

ツイッターでお知らせなどやってます。よかったらどうぞフォローお願いします。
ツイッターを覗いてみる

スポンサーリンク
QRコード
QR
タグ

Maya MEL モデリング MEL更新 Mayaあるある UI データ管理 UV カスタマイズ 数値設定 ~がない モデリングツールキット リネーム つぶやき アニメーション マテリアル MEL基本 ホットキー バグ? AriUVFit 新機能 テクスチャ 記事まとめ リトポロジー アンケート 頂点カラー スクリプト ~ない ZBrush Rig レンダリング 更新 Maya基本 カメラ 

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: