【MEL】マテリアルがフェースにアサインされているオブジェクトをチェック

AriFaceMaterialChecker01.gif
AriFaceMaterialChecker

一つのオブジェクトに複数のマテリアルであったり、フェースに対してマテリアルがアサインされているオブジェクトを検索します。
また、それらを分離したり割り当てし直したりして、オブジェクトにマテリアルをアサインするツールです。

ちなみに一つのオブジェクトに複数のマテリアルがアサインされている状態はファセットアサイン(Facets Assign)というそうです。



使い方

基本

選択したオブジェクトに対して機能します。
オブジェクトを選択してから各ボタンを押してください。
AriFaceMaterialChecker04.jpg



複数マテリアル

「複数マテリアル」で、複数のマテリアルがアサインされているオブジェクトが選択されます。
AriFaceMaterialChecker05.jpg

「分離」で、マテリアルごとにオブジェクトが分離し、マテリアルをオブジェクトアサインにします。
AriFaceMaterialChecker06.jpg



ワンマテリアル※

「ワンマテリアル」は、オブジェクトに1つのマテリアルしかアサインされていないけれど、
フェースアサインになっているものを選択します。
AriFaceMaterialChecker07.jpg


「オブジェクトアサイン」で、フェースアサインではなく、オブジェクトアサインの状態にアサインしなおします。
AriFaceMaterialChecker08.jpg



フェースアサイン選択

「フェースアサイン選択」はフェースアサインになっているオブジェクトを選択します。
上記の「ワンマテリアル」「複数マテリアル」のもの合わせたものです。

AriFaceMaterialChecker09.jpg

「ワンマテリアル」「複数マテリアル」はシーンが複雑だと重いです。
うちの環境ですが、100万フェースで10秒くらい。
シーンが複雑な場合は、クイックチェックとしてできるだけ「フェースアサイン選択」を使ってください。



※ワンマテリアルフェースアサインについて

Mayaは、マテリアルをアサインする際、フェースを全部選択してアサインした時と、オブジェクトを選択してアサインした時では、見た目は変わりませんが、何に対してアサインされているかという情報は持っています。

オブジェクトに対して割り当て
AriFaceMaterialChecker02.jpg
これはオブジェクトアサイン

フェースに対して割り当て
AriFaceMaterialChecker01.jpg
これがフェースアサイン(これもファセットアサイン??)
この状態もあまりよろしくない場合がある。

ハイパーシェードのマテリアル上にマウスをもっていき、右ボタンでメニューを出し、
「マテリアルからオブジェクトの選択(Select Objects with Materials)」でどちらになっているか確認できます。
オブジェクトが選択されるか、フェースが選択されるか。
AriFaceMaterialChecker03.jpg


そしてこれらには注意点があり、モデリングの作業で、
結合(Combine) 抽出(Extract) 分離(Separate) 他、 これらの操作を行うだけでもフェースアサインになってしまいます。

マテリアルを割り当てるときにオブジェクト選択でやってるから平気だーい!ってわけでもないようです。いつの間にかフェースアサインになってたりします。

そこで先ほど上記で説明したワンマテリアルの項目のように、「ワンマテリアル」ボタンで検索し、「オブジェクトアサイン」ボタンで、オブジェクトアサインにし直すのがおすすめです。

ちなみにこちらの記事ツールで結合や抽出を行った場合は、オブジェクトアサインになるようにしてあるのでよかったら見てみてください。





この記事のフェースアサインチェックツールはこちらからダウンロードできます。
よかったらどうぞ。
Download

追記:大事なこと書き忘れてました。
シーンの情報量が多いと重くなりますので、念のため作業中のシーンを保存してから使用してください。




つぶやき

シーンにオブジェクトやポリゴン数が多くなってくると重くなるのが致命的なんですよね。
あまりこういう状態では公開したくなかったんですが、聞くところによると自分の周辺では意外と使ってる人がいるようなので、必要としてる人はいると信じ、公開します。
みなさんどれぐらいの情報量のシーンで作業されてるんでしょうかね。


テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

tag : Maya, MEL, マテリアル, データ管理,

スポンサーリンク

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
おすすMEL1
UV格子状整列 AriUVGridding03.gif

UV解像度チェック AriUVScaleChecker01.gif
月別アーカイブ
スポンサーリンク
おすすMEL2
リネーマー AriRenamer01.gif

置換/配置 AriAssetChanger01.gif
記事一覧

全ての記事を一覧

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン
1位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
プロフィール

Ari

Author:Ari
ExpertElite000.jpg

ゲーム系を中心にモデラーをやってます。プライベートでその他の作業も挑戦中です。
拍手ボタンありがとうございます。テンションあがります。

ツイッターでお知らせなどやってます。よかったらどうぞフォローお願いします。
ツイッターを覗いてみる

MEL
スポンサーリンク
QRコード
QR
タグ

Maya MEL モデリング MEL更新 Mayaあるある UI カスタマイズ データ管理 UV 数値設定 MayaTips ~がない アニメーション モデリングツールキット AriCompactToolSettings リネーム つぶやき AriReFreezeRotate マテリアル Maya基本 MEL基本 AriUVGridding 記事まとめ バグ? 新機能 AriSetPivot ホットキー AriUVFit 頂点カラー AriVertexColorEditor AriSceneOpener AriMirror AriRenamer AriCircleVertex ~ない テクスチャ AriUVScaleChecker リトポロジー アンケート スケルトン AriAniKeyCycle ジョイント AriPolygonCounter カメラ AriTransferPosition AriSortOutliner AriSymmetryChecker AriUVRatio AriUVAdsorptionMove AriSelectEdgeRing AriIconViewer AriAdsorptionVertex スクリプト ZBrush AriSplitPolygon レンダリング 更新 Rig AriUVSetList AriWindowPositionReset AriQuadrangulateRing AriAniKeyScale AriAnimationCopy MEL更新頂点カラー AriViewWindow AriDeleteEdgePreserveBorder モデリングAriCircleVertex AriUVAdsorption 

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: