【MEL更新】回転値再設定ツール親子階層の回転値を保持

AriReFreezeRotate08.gif
AriReFreezeRotate

変な角度でフリーズしてしまっているオブジェクトの回転値を元に戻すツール。
今まで、親子階層のオブジェクトに回転値が入っていると不具合がありましたが、今回の更新で対応しました。




親階層、子階層に回転値が含まれていても保持されます。
AriReFreezeRotate26.jpg




このツールの詳細と、ダウンロードはこちらからお願いします。
【MEL】フリーズしたオブジェクトの回転値を戻す



つぶやき

しくみとして、子のオブジェクトも自分オブジェクトもグループから一端出し、回転値を設定してから元のグループに戻しています。
フリーズの際に、子を出し入れするのはしかたないとしても、回転値を求めるために親から自分自身を出すのはちょっと自分で計算をしないための逃げです。
本来はちゃんと親の数分、値を全部計算して回転値を求めたほうが処理的に綺麗かと思いますが、グループの外に出せば自動的にMayaさんが計算してくれるので、それに任せてしまってます。(結果変わりませんし、計算難しいですしww。)
階層にアニメーションがついていたり、ロックされていたりすると、挙動がおかしくなると思いますので、その際は、いったんグループ外にでてまた同じ階層に戻されてることを意識してみてください。
子の場合は移動値がロックされていてもだめだと思います。
親だったら大丈夫?かも。


テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

tag : Maya, MEL, MEL更新, モデリング, 数値設定, AriReFreezeRotate,

スポンサーリンク

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
おすすMEL1
UV格子状整列 AriUVGridding03.gif

UV解像度チェック AriUVScaleChecker01.gif
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン
1位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
スポンサーリンク
おすすMEL2
リネーマー AriRenamer01.gif

置換/配置 AriAssetChanger01.gif
記事一覧

全ての記事を一覧

ブログ内検索
プロフィール

Ari

Author:Ari
ExpertElite000.jpg

ゲーム系を中心にモデラーをやってます。プライベートでその他の作業も挑戦中です。
拍手ボタンありがとうございます。テンションあがります。

ツイッターでお知らせなどやってます。よかったらどうぞフォローお願いします。
ツイッターを覗いてみる

MEL
スポンサーリンク
QRコード
QR
タグ

Maya MEL モデリング MEL更新 Mayaあるある UI カスタマイズ データ管理 UV 数値設定 MayaTips ~がない アニメーション モデリングツールキット つぶやき リネーム AriCompactToolSettings AriReFreezeRotate マテリアル Maya基本 AriUVFit MEL基本 ホットキー 新機能 バグ? 記事まとめ AriUVGridding AriSetPivot AriCircleVertex 頂点カラー AriSceneOpener AriMirror AriVertexColorEditor AriRenamer ~ない リトポロジー AriSelectMaterialAndObject テクスチャ AriUVScaleChecker アンケート AriAniKeyCycle AriPolygonCounter ジョイント AriTransferPosition スケルトン AriSortOutliner カメラ AriWindowPositionReset AriSelectEdgeRing AriSamePositionSelector AriSplitPolygon ZBrush AriAdsorptionVertex スクリプト AriSymmetryChecker AriIconViewer モデリングAriCircleVertex AriAniKeyScale Rig 更新 AriAnimationCopy AriQuadrangulateRing AriUVSetList AriDeleteEdgePreserveBorder AriUVAdsorption AriUVAdsorptionMove MEL更新頂点カラー AriViewWindow レンダリング AriUVRatio 

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: