【MEL】アニメーションの移動値を現在の座標に再設定

AriResetAnimationPosition01.gif
AriResetAnimationPosition

移動アニメーションをつけてしまったオブジェクトを別の位置に移動できます。
(距離を計算して移動アニメーションカーブをオフセットします。)
またグループへ出し入れの際、位置を変えたくない場合にも使えます。
(さすがにグループの回転とかは駄目ですよw)



使い方

例えば、原点から移動するアニメーションを作ったとします。
AriResetAnimationPosition01.jpg


やっぱり別の場所にしたいと思ったとき、移動できるには出来ますが、タイムスライダを動かしたりすると、元のキーを打った位置に戻ってしまいます。
AriResetAnimationPosition02.jpg

そこで、移動したい場所に移動させた状態でMELを実行します。
すると、そこを基準にアニメーションするようになります。
AriResetAnimationPosition03.jpg


キーの座標と現在の座標のを比較して、移動カーブを丸ごとオフセットしている仕組みです。
AriResetAnimationPosition04.jpg

移動値の入ったグループに出し入れするときも、グループ化した瞬間はオブジェクトがその場にいてくれるので、
直後にMELを実行すれば、その場でアニメーションしてくれるはずです。

もちろんですが、グループにアニメーションが入っていたり、アニメーションでなくとも、回転値、スケール値が入っているものにはうまくいきません。



よかったらこちらからどうぞ
Download


追記:2016/10/16
移動だけでなく回転拡大に対応したMELも公開しました。
こちらからどうぞ。
AriResetAnimation



つぶやき
アニメーションですが、ついでの作業で結果がよければOK!みたいな力技でその場を乗り切るような感じのものであれば、仕事でも経験は一応あります。しかし、しっかりと仕様が切られたものはないので、どういう状態のデータが理想なのかとか、細かいテクニックも含め、きっと常識を知らないと思います。
前回追加したフリーズの機能と今回の機能は、そんな中でも自分なりにキーの値が気持ち悪かったり、作業しやすくするために作ったものなので、アニメーションで仕事をされている方からしたら、こんなの必要か?ともしかしたら思われるかもしれませんが、勇気を持って公開してみました。
何か思うところありましたらご教授ください。



テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

tag : Maya, MEL, MEL更新, 数値設定, アニメーション,

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
おすすMEL1
UV格子状整列 AriUVGridding03.gif

UV解像度チェック AriUVScaleChecker01.gif
月別アーカイブ
おすすMEL2
リネーマー AriRenamer01.gif

置換/配置 AriAssetChanger01.gif
タグ

Maya MEL モデリング MEL更新 Mayaあるある UI カスタマイズ データ管理 数値設定 UV ~がない モデリングツールキット リネーム マテリアル バグ? MEL基本 つぶやき ホットキー 新機能 アニメーション リトポロジー テクスチャ アンケート 頂点カラー 更新 カメラ Rig レンダリング ZBrush 記事まとめ スクリプト 

記事一覧

全ての記事を一覧

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン
2位
アクセスランキングを見る>>
ad


ブログ内検索
最新記事
ad


プロフィール

Ari

Author:Ari
ゲーム系を中心にモデラーをやってます。プライベートでその他の作業も挑戦中です。
拍手ボタンありがとうございます。テンションあがります。

少し前ツイッターはじめました。よかったらどうぞフォローお願いします。
ツイッターを覗いてみる

(あ…呼び方はAriでも自習部屋でも何でもいいです)

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: