【Maya2015】矢印キーでUV移動

ani_arrowKeyMoveUV02.gif

おそらく2015からだと思います。
矢印キーでUVが移動するようになってます。

続きを読む

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

tag : Maya, UV, 新機能,

【Maya新機能】ダブルクリック選択が便利に

doubleClickSelect01.gif

Maya2015を使用していて、ダブルクリック選択が便利になっているのに気付いたので、
いまさらですがMaya2015で新たにできるようになったであろうダブルクリック選択をまとめました。


続きを読む

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

tag : Maya, 新機能,

【Maya新機能】マルチタッチ入力ジェスチャ

MultiTouchInputGestures01.gif


Maya2015以降では、対応したペンタブのタッチ機能を使用してカメラを動かすことが出来るみたいで、
マルチタッチ入力ジェスチャ」というようです。
ヘルプを読んで軽くまとめ、使用感を書いてみました。

MultiTouchInputGestures01.jpg
夢の二刀流(?)は実現するのであろうか

続きを読む

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

tag : Maya, 新機能,

【Mayaあるある】モデリングツールキットが起動できない

modelingtoolkit_error01.jpg

3DソフトMaya2014から搭載されたモデリングツールキット。こちらのようにこのブログでも少し使い方を検証してきましたが、そもそも起動できないことがあるようです。
自分が確認できたのは次の2パターン、アイコンが押せない場合と、エラーで起動できない場合です。それぞれ解決方法も見つけたのでメモっておきます。

マルチカットツールが起動できないのもこの可能性があるのでよかったら一読ください。

続きを読む

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

tag : Maya, Mayaあるある, 新機能, モデリングツールキット, ~がない,

カテゴリ
おすすMEL1
UV格子状整列 AriUVGridding03.gif

UV解像度チェック AriUVScaleChecker01.gif
月別アーカイブ
スポンサーリンク
おすすMEL2
リネーマー AriRenamer01.gif

置換/配置 AriAssetChanger01.gif
記事一覧

全ての記事を一覧

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン
2位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
プロフィール

Ari

Author:Ari
ExpertElite000.jpg

ゲーム系を中心にモデラーをやってます。プライベートでその他の作業も挑戦中です。
拍手ボタンありがとうございます。テンションあがります。

ツイッターでお知らせなどやってます。よかったらどうぞフォローお願いします。
ツイッターを覗いてみる

MEL
スポンサーリンク
QRコード
QR
タグ

Maya MEL モデリング MEL更新 Mayaあるある UI UV データ管理 カスタマイズ 数値設定 ~がない MayaTips アニメーション モデリングツールキット リネーム AriReFreezeRotate AriCompactToolSettings つぶやき MEL基本 マテリアル AriUVGridding バグ? AriSetPivot Maya基本 ホットキー 頂点カラー AriUVFit 新機能 記事まとめ AriVertexColorEditor AriMirror AriCircleVertex ~ない AriSceneOpener リトポロジー テクスチャ カメラ ジョイント スケルトン アンケート AriSortOutliner AriUVScaleChecker AriTransferPosition スクリプト MEL更新頂点カラー AriViewWindow AriUVAdsorption AriSplitPolygon AriSelectEdgeRing AriUVRatio AriDeleteEdgePreserveBorder AriUVAdsorptionMove AriAniKeyScale Rig AriAnimationCopy AriRenamer AriQuadrangulateRing 更新 レンダリング AriUVSetList ZBrush モデリングAriCircleVertex 

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: